犬☆猫 時々 おとん

mam888.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ぷーさん( 720 )


2012年 08月 09日

戻って来ます。

ぷーさんが逝って 半年を過ぎました。
この場所は生活感から隔離して 静かな場所にしておくつもりで 放置したままでした。

いや なかなか 戻って来れなかったんです。
ぷーさんのリアルな画像を見る事ができるようになるまで 
半年かかっちゃいまいした。

ここを開けば すぐにぷーさんの姿があるべきと思っていましたし 
ぷーさんのいない悲しみと日々の暮らしの雑多な姿やらを一緒にするのは
どうにも 自分で納得いかず なんだか ここはそっとしておきたくて

だけど なかなか 戻って来れず。


もしかしたらこのまま放置しっぱなしとなり 消えて行くのかもとも思っていたのですが

半年の時を経過して やっと ぼちぼち 戻って来る事ができました。

ぷーさんのかわいい姿を かわいい~!と笑顔で見直す事ができるようなりました。

昨日 やっと 昔のまだそれなりに若いぷーさんの画像を見て 

かわいい~!かわいい~!と 幸せな思いで見つめ直しているのを 自覚。

戻って来れた・・と 確信しました。

半年かかっちゃいました? 半年で戻って来れちゃいました?



本当に ぷーさんは可愛い。

これほどに可愛かったのねと 今更な親バカぶり。

これは 治らないようです。






もうぷーさんとの新しい日々は重ねる事ができないのですが ここに戻って来ようと
考えています。

実は 放置になったままのブログやら 合わせて4つもあるのです。
それらを整理して ここに無理やり突っ込んで ブログをこのひとつにしようかと思っています。

思いついたばかりで これからチマチマと作業して行きます。
しばらくは なんじゃこれ???なものが アップされるかもです。


まだまだ ちっとばかり 鼻がきゅーっとなるのですが ここでのその後を始めます。
しばらく時間がかかるので 引っ越しが完全に終わるまで コメント欄は 閉じさせて
いただきます。

また いつか コメント欄にて おしゃべりさせていただける日まで。





そうそう 私 また この夏 トシ食いました!
そして 今年も おとんから いただきましたよ。
記録更新です。





c0139488_1153119.jpg



そして



c0139488_1155838.jpg


ぷーさんのいない 初めてのこの日に 鼻の奥やらが きゅーっです。
[PR]

by humeume | 2012-08-09 11:11 | ぷーさん
2012年 04月 21日

ありがとう!!!


c0139488_1724723.jpg


       アバウトさんは 無事 昨日 退院して来ました!


c0139488_1734946.jpg


あわてて ぷーさんの袋を作りまして 地震が来てもぷーさんは割れないよう努力努力。



c0139488_1754921.jpg


             ぷーさん



c0139488_1762772.jpg

              ただいま。




c0139488_1775362.jpg


     手術 順調に退院まで行きましたよ。 (*^^)v  痛かったけど・・


            お岩さんになりましたが・・!  (@_@;)







c0139488_1795492.jpg


          mam、これからは オムツを当てられる事もなく


c0139488_17103916.jpg


         ご老体のためとか言われずに 重ね着もさせられる事なく


c0139488_17125039.jpg


                オムツだけの目的ではなく


c0139488_17132484.jpg


         こうやって好きな恰好してね mamの事 待ってるからね!




     ゆっくり 来てね♪   待ってるよ♪






皆さん 本当にご心配おかけしました。ぺこり

手術はうまく行きましたし 他の人に比べると 本当に順調に 1番に退院!

たまに少し調子が悪い事もあるし 痛みどめは今ものみ続けていますが

痛みの管理さえできれば 日常生活うまくやって行けそうです。


金曜に退院し 月曜に病院ですが(はやっ)  少しずつ いい感じになるのでしょう!

ぷーさんのおかげだと信じております。本当にそうだと思います。

月曜に私への説明があるようです。(家族へは終わっています)

それらはその内 恋するおばさんに記録しましょう。m(__)m



ご近所さんにぷーさんの空への旅立ちに花をくれた人達が今回もお花をくれました。
今回はどうなるのか?怖かったのですが 顔はお岩さんになり 痛みもあってね
来ちゃダメ!と言っておきましたら 帰って来たら花を持って来てくれました。
ありがとうです。



ですが そこのあなたたち!!!

私はその内 お花よりも ランチを食いたいから 花はいらんぞ!!!

ですので それは ランチに取っておいてね!!! \(^o^)/




では たまに いつの日か ここにも 何かを書き連ねたりしようと思います。

本当に皆様 

  ありがとう!!!
[PR]

by humeume | 2012-04-21 17:30 | ぷーさん
2012年 02月 28日

ここにいるよ。

ぷーさんの姿が我が家から消えて もうすぐ1ヶ月な今日この頃。
皆様も お元気でしょうか?


ぷーさんが不在である事の強烈さを日々 味わっています。
ぷーさんを空へと送って ぷーさんとの日々が終わった事は理解しているけれど

本当に姿がなくなった事に今更のように気づき 胸を突くほどの悲しみが
一気に襲って来る この感覚に 切なさを深めている今日この頃です。

そして それを忘れたかのように ぷーさんの姿を探している自分に気づき 現実を思い
悲しみにまた暮れる そんな瞬間も よくあります。 

そしてその度に こんな思いを 同じ思いをしている人が たくさん たくさん
いるのだと思い その人達のことを思います。

そして やっぱり 探している私です。





きっとそんな私を心配してくれたのでしょうね。




c0139488_9352574.jpg

            mamちゃん ここだよ、ここですよぉ!


ぷーさんと仲間たちを作って下った拓姉さんのぷーさんです。

ここには 今もぷーさんが存在しています。うれしいです。
よろしかったら のぞいて見てください。



c0139488_9475539.jpg


c0139488_948465.jpg

             




c0139488_13272680.jpg

             あの左下のモジャモジャは なんぞや?




c0139488_13285218.jpg

        ぷーさんのこれでないと!な お気に入りなちゅぱちゅぱです。

何度も何度も破れては修理し ヨダレだらけにしては洗い 使って来ました。
子犬の頃からの大事な大事なぬいぐるみ。
新しいものを何個も買ってみたりしたけれど これでないとダメ!なぬいぐるみちゃん。


c0139488_13313295.jpg

捨てずにずっとしまってありました。
耳が聞こえなくなり目が見えずらくなり 食べるモノ以外には興味を示さなくなって
それでも捨てられずに しまいこんでいました。
しばらくは これまた 捨てられなさそうです。(^_^;)





前回 あんな終わり方をしてしまい たぶん ご心配をおかけしてるのでは・・と
申し訳なく思っております。

私はとっても元気にしております。
病気ではないので 病人はしておらず 元気なのです。\(^o^)/

くも膜下出血したりしないようにという 予防治療としての手術ですが
4月に開頭手術をする事となっています。
それまでは 至って元気なアバウトさんです。

手術したその日から しばらく病人となりますが あっという間に復帰する所存ゆえ
どうぞ ご心配なさりませぬように。

その時にはまたここにて ご挨拶をさせていただきます。

そして 今も 恋するおばさんにて 暇つぶしを始めてます。
ここは猫生活な場所ですので あしからず。(^_^;)





では その日まで。
[PR]

by humeume | 2012-02-28 13:49 | ぷーさん
2012年 02月 12日

ぷーさんの話  ③ 完結

c0139488_16594844.jpg



ぷーさんが 逝ってしまったのは 2月3日。

初七日も過ぎた。







返事はしないまま 次回の診察日を設定されている。
次回はご家族に説明しますからと言われている。

その日が来る。





あんなぷーさんを残して手術も入院もできないと 固い意志のアバウトさんだったのだ。




きっと そんな事もすべて ぜんぶ ぜんぶ わかってたんだと 思う。

ぷーさんは 自分で決めたのだと 思うのだ。


もう 逝こう。

そう決めて そうしたのだ。

そう 思う。






おとんは言う。



「mamのために 頑張って生きて mamのために 逝ったんだなぁ・・」って。


私もそう思えて仕方ない。


だから やっぱり 泣けて仕方ない。






そんな事が あって ぷーさんは 自分の時を自分で止めたのだと思うのです。

16年と6ヶ月とおまけの日々を生き抜き 最後はちゃんと飼い主が悔やむ事のないよう

お世話をきっちりとさせてくれて そして すっと 逝ってしまった。

それも いつまでも飼い主が嘆き悲しまないように お笑いのぎゅるるるるで〆て。




優等生でしょ? ふぇぇぇぇ








明日 家族で 病院へ。

手術を受けることに します。






ぷーさん ありがとう。











c0139488_17202418.jpg


初七日だからと 星飛雄馬(知ってる?)のように 幾筋もの太っい涙を流しながら
花かごを抱えてやって来てくれた友人に 感謝している。



c0139488_1724875.jpg


           ぷーさんはめっちゃ シアワセモノです。

               私はめっちゃ カホウモノ。








そして これまで ずーっと愛して下さった皆様

長い事 ありがとうございました。


ぷーさんとの日々の思い出がいっぱい詰まったこの場所は私の宝でございます。

大事大事で ございます。

ここで出会った皆様の事も 大事大事で ございます。


どうか 皆様 お達者で!!!

More 追伸
[PR]

by humeume | 2012-02-12 17:36 | ぷーさん
2012年 02月 12日

ぷーさんの話  ②

c0139488_16461029.jpg






あれはいつだったけ?とブログを見直したら 2009年2月の事だったらしい。
この点 忘れっぽい私には便利グッズな記録です。

たまたま 未破裂脳動脈瘤が見つかったんです。
最初はひとつ。
詳しい検査でもうひとつ。
そして 半年ごとのCTやMRで経過観察中 更にもうひとつ。計3こ。
なんとまー 欲張りなアバウトさんだ。

2009年に予防的手術を受けるかどうするか聞かれ 即答で断った。
最後まで破裂せずにイケると思ったから。
今なんともないのに 手術を受けたばっかりに 後遺症が残ったり合併症が・・なんて
あるやもしれず。

それでも 半年ごとに先生は3個もあるって事は リスクがそれだけ高いと言う事だと
脅されておりましたが それでも 3個もあるので ひとつを手術してもなぁ・・と
経過観察だけしてもらっていました。

半年ごとの検査がちょうど1月18日にあり 検査結果は1月30日。
ぷーさんの年末からの激変な症状は波もありつつ 落ち着いた感もありつつ 
このままイケるかのように思えていた そんな頃だった。

それまでは どうにか落ち着いていたぷーさんの状態に 希望もあったのだ。
このまま 小康状態を維持しつつ イケるのではないかと 希望をみていたのだ。

そして 1月30日の検査結果でひとつの動脈瘤によくない兆候が表れており
破裂しやすい形に変化しているとわかった。
手術を強く勧められ 返事をしない私に看護師さんも念押ししてくれる。
だけどね 「犬の容態が悪いから 手術は先で・・」なんて事も 口走れずね。(^_^;)

私は本気だけど それをちゃんと理解してもらえるとも思えず 考えたいと答えたら

先生が「運ばれて来ちゃうんだよねぇ・・」って!!! げっ 縁起でもねっ!!!







そんなだったから 家でも喧々諤々。

「私はう、け、な、いっ!!!」 ぷーさんを残して手術なんて うけられないっ!」

そんな会話をゴチョゴチョと しとったんでさぁ。(ー_ー)!!




ぷーさんは そんな事を すべてわかっていたかのように

回復の兆しも見せていたのに このまま しばらくは 暮らせると思っていたのに

じょじょに じょじょに 力を抜いて行った気がします。





休憩



続く
[PR]

by humeume | 2012-02-12 16:52 | ぷーさん
2012年 02月 12日

ぷーさんの話 ①

c0139488_1527826.jpg



ぷーさんのいなくなった今 記したくなるのはやはり ぷーさんの事。

ぷーさんのいないこの場所に重ねる日々は見つかりません。

開いたら ぷーさんがいる。

そんなこの場所にしておきたい。

いつまでも ここを開けばぷーさんがいる、そんな場所に。






ぷーさんの話 私の最後のぷーさんの話をします。
勝手な思い込みだろうと思いますし 偶然が重なっただけなのかも知れません。
それでも そう思えてしまうので 思わせておいて下さい。




ぷーさんが逝ったのは自分で決めて逝ったのではないかと思えて 泣けるのですよ。
ぷーさんはその時を自分で決めたのではないかと 思います。

だから おとんは 

ぷーさんは私のために懸命に頑張って生きて 

私のために 逝ったんだなぁと あの時(ぷーさんが逝った時)しみじみと言いました。

そして今も 言っています。

そして 私もそう思えるので さめざめと泣いてしまいます。




全部わかっていたのかも知れないと 思ってしまうのですよ。

その昔のこの時のように。

耳 聞こえてたんじゃ ないの?

そんな 不思議な 

偶然と言われれば そのとおりな

お話です。





気持ちを整理しつつ 




続く
[PR]

by humeume | 2012-02-12 15:54 | ぷーさん
2012年 02月 09日

最期のメッセージ

あの日 ぷーさんが逝った日のあの瞬間のお話をしたいと思う。

呼吸が荒くなったり 浅くなったりと 緊迫した様子の中
それまであえいでいたぷーさんの声 音が 止まった。

おとんは 「止まったぞっ!」

私は慌てて聴診器を持ちだして ぷーさんをしっかりと胸に抱きつつ 確かめた。
なんか喚いていたのかなぁ・・。
名前を呼んでいたのだと思うけど 記憶は定かでない。

いつもはぶーぶー音で聞こえにくいのに この時は静かでねぇ

聞こえたんですよ

心音が




それも 弱い弱い 心音がね

消えて行く瞬間の心音がね




トク  間隔をかなーり おいて また トクって

そして またまた 間隔をより一層あけて  トク


ああ 逝ってしまう


そう思いながら 一心に その音を追いましたよ。






そして 私が聞いたぷーさんからの最後のメッセージはね  
















ぎゅるるるるる











お腹の虫の音でした。








それが最期の最期の ぷーさんの声でしたよ。







ぷーさんたら きっと


c0139488_15511051.jpg


   おなか すいたよぉ!


               って 言ってたんですよ。






前日までしっかりと飲み込み(なんせ 流動食だからねぇ!)満腹になれたのに
この日は朝から 水さえも飲み込めず きっと お腹ぺこぺこだったのよねぇ!



だけどさー




最期のメッセージが ぷーさんらしくて ぷーさんらしくて 

笑い泣きだ。






c0139488_15573449.jpg


               えへっ






そうして ぷーさんは旅立って行ったのだ。
[PR]

by humeume | 2012-02-09 16:03 | ぷーさん
2012年 02月 07日

空へ

2月6日 月曜日

c0139488_2018446.jpg



             ぷーさんは空へと上って行きました。




あのノアくんを見送ったこの場所で 今回はぷーさんを見送りました。

アバウトさんちの16年6ヶ月の歴史を見送りました。

ぷーさんが空へと上る様子をしっかりと 見届けました。




小さくなったぷーさんを大事に大事に抱えたおねー様の目は腫れあがっておりました。

空を見上げると 雨が降ると言われておりましたが そこには青空と太陽があり



c0139488_20234523.jpg



      ぷーさんは最後まで太陽の子で光を味方につけておったようです。










ぷーさんが家にこじんまりと小さくなって戻って来ました。

いつも寝ていた場所ではなく 食卓の側にご案内しました。

食事の度に匂いで釣って 出て来させる作戦です。

さぁ どんどん いらっしゃいっ!!!






ぷーさんが戻って来るとお友達や仲良しさんがお線香をあげに来てくれました。

涙涙涙。されども 賑やかにお迎えしてくれました。

行く時もちゃんと家の前まで来て下さって お見送りもしていただきました。

ぷーさん あんたって 本当に すごい子やねぇ。

小さなわんこのくせに お見送り付きだって!!!





c0139488_2033129.jpg

                 ね ぷーさん。


c0139488_20333875.jpg









c0139488_2037076.jpg


c0139488_20371274.jpg




うろつくこうめさんを追い払いつつ セロハン舐めまくりのふくちゃんを引きずり下ろす。

しばらく 忙しくなりそうです。

目が離せんどっ・・ (ー_ー)!!







えーとね

ぷーさんをお骨にしたら どこかしら あきらめがついた感じ?って言うのかな。

確かに 違っています。

だけど 虚脱感でぼーっとしています。

その内 我に帰る時が来るのでしょう。






そろそろ 皆様の所にも伺いたいと思っています。

ゆっくり ぼちぼちと な。 
[PR]

by humeume | 2012-02-07 20:46 | ぷーさん
2012年 02月 05日

途方に暮れそう

c0139488_22464087.jpg


いつもいたはずのあの場所に ぷーさんの姿はなく ぺーちゃんが転がっていた。




日当たりが良過ぎて 適さないゆえ 一番寒い火の気のない部屋にいる。




ぷーさんは 明日 空に旅立ち 天上の子となる。




今はまだ いるのに 明日はいなくなる。



そう思ったら 



やっぱり



残したくなった。



だってね



あまりにね



安らかで 子犬のような あどけないお顔で 眠っているから



やっぱり



見てほしい思いが出て来ました。



苦手な方は ここで 閉じてね。

More あまりに 愛しくて愛しくて
[PR]

by humeume | 2012-02-05 23:21 | ぷーさん
2012年 02月 03日

がんばりました。

2月3日 お昼前(11時24分)


ぷーさんは がんばって がんばって がんばって そして 逝きました。





  


ずーっと ぷーさんは がんばってた。

年齢だって 16歳だ。

16年と6ヶ月とおまけの日々を生きて来た。

呼吸困難やら 止まらぬ咳やら 

止まりそうな心臓やら

そんな中 がんばって 生き抜きました。




だから 本当は ご苦労さまって 言ってあげなきゃいけない。

よく がんばったねって 褒めてあげなきゃいけない。





悲しいけれど ご苦労さまって 言ってあげましたよ。

よくがんばったねって 褒めてあげましたよ。






だけど やっぱり 



まだ 早いよ とクレームもつけます。



もっと すーっと受け入れられるものだと想像しておりましたが

そうでもない みたいです。











長きにわたり 愛していただきまして ありがとうございました。

ほんとうに ありがとうございました。

ありがとうございました。





幸い冬場でありますので 週末 のんびりとぷーさんには過ごしてもらい

月曜日に ゆっくり 空へ旅立って行ってもらおうと思っています。

おとんと私とおねーさまに見守られながら 

ぷーさんは旅立つ予定です。





きっと 住所をご存じのあなたも あなたも お花を送ってあげたい!と

思われた はず!

ですが お気持ちだけを ちゃっかり しっかり 頂戴します。

花を食べ散らかす子やら 倒す子やらが おりますゆえ 

お気持ちだけ、 お気持ちだけ 頂戴します。

ありがとうございます。




週末 咳き込むことのない あえぐことのない ぷーさんと

ゆっくり のんびり 過ごします。



本当に 応援 ありがとうございました。





       < これは 1月31日の ぷーさんとぺーちゃんです。>

申し伝えること。




c0139488_21301181.jpg




c0139488_21302422.jpg




c0139488_22235150.jpg







先逝く子からの 申し伝えです。
[PR]

by humeume | 2012-02-03 21:36 | ぷーさん